幼児ポピー「あおどり8月号」体験レビュー【5ヶ月目感想】

2019年8月号ポピっこ「あおどり」体験レビュー・感想【5ヶ月目】

2019年8月号ポピっこ「あおどり」を学ぶ子供

 

「幼児ポピー」の年長教材「あおどり」も受講し始めて、5ヶ月目になりました。

 

2019年の月は長かった梅雨も終わり、かなり暑い日々が続きました。暑くて外で遊べないときには、家で幼児ポピーを娘と一緒にして過ごしました。

 

「あおどり8月号」は夏をテーマに「わぁくん」には、ひまわり、海、おばけの絵本などの教材が満載!特別教材はデジタルゲーム「とけいをまなぼう!」がありました。

 

 

娘の【5ヶ月目】の「ポピっこ」あおどり8月号はどうだったのでしょうか?体験レビューと感想です。


お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む

2019年8月号「あおどり」の教材の中身

2019年8月号の年長教材「あおどり」の教材の中身は以下の通りでした。

 

2019年8月号「あおどり」の教材一覧

 

  • もじ かず ことば「ドリるん」
  • 思考力めばえ「わぁくん」
  • 特別教材、デジタルゲーム「とけいをまなぼう!」
  • ほほえみお母さん&お父さん

 

幼児ポピー「あおどり」のメインとなる教材は、もじ・かず・ことばを覚える「ドリるん」と、思考力を鍛える「わぁくん」です。

 

今月の特別教材は紙ではなく、デジタルゲーム「とけいをまなぼう!」でした。スマホで娘が夢中でやっていました。

2019年8月号「あおどり」を学ぶ娘の様子は?「みぎ」「ひだり」の教材

今回の特別教材はデジタルゲーム「とけいをまなぼう!」でした。娘もやりたそうでしたが、まずは紙の教材「ドリるん」を進めます。

 

「あおどり」8月号の迷路

 

娘が興味のある迷路のドリルから始めます。1ページでは完結せずに、次のページも使う3ページにまたがった迷路でした。

 

「あおどり」8月号の迷路の次のページ

 

めくった次のページにゴールがあります。

 

 

迷路も月が進むにつれて難易度が上がっています。


 

 

そして先月、私の娘がは「右」「左」がすぐにどっちか反応できずに、困っているということを書いたのですが、すぐにそれに対処できるドリルがたまたまあって、感動しました。

 

先月号の記事はこちら>>「あおどり7月号」体験レビュー

 

「あおどり」ドリるん8月号の「右」「左」のドリル

 

「ドリるん」の「みぎ」と「ひだり」を理解して進んでいく迷路です。「みぎ」「ひだり」が苦手な娘なのでしたが、頑張って何回か、このドリルをやってもらいました。

 

「みぎ」と「ひだり」の区別がすぐに出来ないのは、年長の子供にはよくある現象なんでしょう。

 

 

私の悩みを見事に解消してくれるドリルでした!


 

「あおどり」ドリるん8月のデジタルゲーム「とけいをまなぼう!」

 

そして、一通り「ドリるん」をやり終えたら、特別教材はデジタルゲーム「とけいをまなぼう!」にチャレンジです。

 

デジタルゲーム「とけいをまなぼう!」をスマホでチャレンジ!

 

スマホやPCで出来るデジタルゲームです。

 

デジタルゲーム「とけいをまなぼう!」のスマホ画面

 

中身は「とけいをよむ」と「とけいをつくる」の2つ、それぞれレベル3まで問題があります。

 

「とけいをよむ」は出題された時間の時計を選ぶ問題、「とけいをつくる」は出題された時間を、自分で時針と分針動かして、同じ時刻にする問題でした。

 

 

時計が読むのが得意な娘は、すぐにレベル3までクリアできていました。


8月号「あおどり」の感想▼間違っていても過程が大切

年長教材「あおどり」の8月号【5ヶ月目】でした。今月も娘の学習意欲は続いて、すべてやり終えることが出来ました。

 

今月の特別教材はデジタルゲームの「とけいをまなぼう!」でした。たまに紙の教材だけじゃないのも、子供にとっては面白いようです。

 

 

そして、あおどり8月号「ドリるん」の最初のページ書いてありましたが・・・

 

「あおどり」8月号「ドリるん」の使い方

 

「合っている、間違っているに、こだわらないで」

 

答えを正解するよりも、答えを導き出した過程を大切にするのが重要とのことです。

 

 

私も正解、不正解よりも、過程を大切にしたいと思いました。


 

 

来月号も順調に学習ができるように、娘と一緒に頑張ります!

お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む