幼児ポピー「あおどり4月号」体験レビュー【1ヶ月目感想】

2019年4月号ポピっこ「あおどり」体験レビュー・感想【1ヶ月目】

2019年4月になり、私の娘は保育園の年長さんになりました。

 

去年の4月から年中教材「あかどり」を受講してから1年、引き続き娘の家庭学習のために、幼児ポピーを続けることにしました。

 

私が「幼児ポピー」を始めたキッカケは、娘が小学校にあがるための準備をしたいと思ったことからです。「幼児ポピー」を続けることで、確実に入学準備ができていると思います。

 

関連記事:幼児ポピー「ポピっこ」で小学校の入学準備は万全

 

 

「幼児ポピー」の年長教材は「あおどり」です。

 

「あおどり」は小学校入学直前の1月〜3月は入学準備特別号なるので、しっかり小学校にあがる準備をしたいと思います。

 

 

そして2019年4月から幼児ポピーの年中教材「あかどり」、年長教材「あおどり」は大幅リニューアルしています!

 

 

年長に進級した、娘の【1ヶ月目】の「ポピっこ」あおどり4月号はどうだったのでしょうか?体験レビューと感想です。


お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む

年中教材「あかどり」、年長教材「あおどり」は2019年4月にリニューアル

年中教材「あかどり」、年長教材「あおどり」は2019年4月にリニューアルしています。

 

月額料金が少し高く「1,100円(税込み)」になり、大きくリニューアルされた点は以下の通りです。

 

  • 「特別教材」が毎月付く
  • スマホやタブレット、PCで出来るデジタル教材がスタート
  • 小学校の入学準備がさらに充実

 

今月号から、付録の「特別教材」が毎月付くようになりました。

 

 

特別教材があると、娘のやる気も出るので、これは嬉しいリニューアルです。


 

「わぁくん」の4月号の絵本は「まほうつかいのでし」です。リニューアルにより、読み聞かせの音声をスマホやPCから流せるようになりました。

 

リニューアルにより「お話」の音声が聞ける

 

右上にあるQRコードを読み込み、パスワードを入力すれば音声が聞けます。(※パスワードにはモザイクをかけています)

 

 

親が読まなくても、音声を聞かせてあげることも可能になりました。


 

 

また、今月届いた「あおどり」を見て、ふと気づいたのですが、教材の角が丸くなっていますね。

 

リニューアルにより教材の角が丸くなる

 

以前は角が尖っていたので、これも安全性を考えて、これもリニューアルされたのでしょう。

 

 

デジタル教材も配信されているので、うまく活用したいと思います。リニューアルについての詳細は以下の記事にまとめたので、参考にしてください。

 

2019年4月号「あおどり」の教材の中身

リニューアルされた2019年4月号の年長教材「あおどり」の教材の中身は以下の通りでした。

 

2019年4月号「あおどり」の教材一覧

 

  • もじ かず ことば「ドリるん」
  • 思考力めばえ「わぁくん」
  • 特別教材「おふろでアイウエオ」
  • ほほえみお母さん&お父さん

 

幼児ポピー「あおどり」のメインとなる教材は、もじ かず ことばを覚える「ドリるん」と、思考力を鍛える「わぁくん」になります。

2019年4月号「あおどり」娘の様子は?カタカナが意外に読める

まずは自分の興味のあるページから始める娘です。

 

 

興味ある教材からやらせるのが、長続きの秘訣です!


 

「あおどり」4月号「わぁくん」の迷路

 

まずは「わぁくん」のトゲトゲに触らないようにする迷路から。

 

こちらはデジタル教材がありました。右下にあるQRコードを読み込むとスマホでゲームにも挑戦できます。

 

 

続いて「ドリるん」で文字の勉強をします。

 

「あおどり」4月号「ドリるん」文字の教材

 

「ひらがな」の勉強はあまり気が乗らない娘です・・・

 

 

「あおどり」4月号「わぁくん」の教材「おはしのもちかた」

 

4月号の「わぁくん」の最後の方には、「おはしのもちかた」の教材もありました。

 

「おはしのもちかた」で箸の練習

 

もうちょっと練習して、うまく使えるようになって欲しいです!幼児ポピーはこういった生活の知識を学ぶのに役立ちます。

 

 

最後は特別教材「おふろでアイウエオ」です。

 

特別教材「おふろでアイウエオ」

 

だいぶ「カタカナ」もしっかり読めるようになってきました。

 

去年までは「カタカナ」を読むのは難しかった娘でしたが、今月号の特別教材「おふろでアイウエオ」では、「カタカナ」がよく読めていて少し驚きました。

 

 

パパが帰ってきてからはお風呂に入って、一緒に勉強してもらいました。


4月号「あおどり」の感想▼手をかけられなくても目をかける

進級してから、はじめての年長教材「あおどり」の4月号【1ヶ月目】でした。

 

幼児ポピーは2019年4月からリニューアルしていますが、去年に比べるとシールの教材が増えたように思います。

 

 

そして最後に幼児ポピーを続けるにあたって、「ドリるん」の最初のページ書いてありましたが・・・

 

「あおどり」4月号「ドリるん」の使い方

 

「手をかけられなくても目をかけて」

 

というのが重要だと思います。

 

忙しくても子供一人で「幼児ポピー」をやらせるのではなく、ずっと一緒に見てやれなくても、たまに声をかけることが大切です。

 

 

 

引き続き、娘の家庭学習のために幼児ポピーを1年間続けていきたいと思います。


 

もちろん幼児ポピーには長く続けるための秘訣がたくさんあります。

 

 

小学校のあがるまでの期間、「幼児ポピー」と一緒に、娘の学習の成長を見ていきたいと思います!

お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む