幼児ポピーは他の幼児向け通信教材と比べても月額料金が安い!【最安値】

「幼児ポピー」の月額料金は他の通信教材と比べても安くてコスパ最強!

幼児ポピー(ポピっこ)は他の学習教材と比べてもコスパが良い

 

「幼児ポピー」ポピっこの月額料金は「980円〜1,100円(税込)」です。

 

年中教材「あかどり」、年長教材「あおどり」は2019年4月からのリニューアルにより、月額「1,100円」(税込)になりました。

 

関連記事:幼児ポピー「ポピっこ」は2019年4月から大幅リニューアル

 

通信教育の幼児教材はたくさんありますが、他の学習教材と比べても月額料金が最安値です。

 

 

もちろん安いだけでなく、教材の内容もしっかりしています。


 

幼児ポピーほど、コストパフォーマンスが良い教材はありません。

お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む

「Z会」「まなびwith」「くもん」「こどもちゃれんじ」の月額料金と「幼児ポピー」を比較

「一体どれぐらい安いのか?」

 

幼児向け通信教材として有名な「Z会」、小学館の「まなびwith(旧:ぷちドラゼミ)」、ベネッセの「こどもちゃれんじ」、「くもん」で比較します。

 

 

私は現在「幼児ポピー」の年長教材「あおどり」を受講しているので、すべて年長(5歳〜6歳)の教材の価格と比較しています。(価格は2019年4月調査時点の情報です)

 

※すべて毎月払いでの料金で比較

 

教材 価格(税込)
幼児ポピー(あおどり) 1,100円
Z会 2,848円
まなびwith 2,538円
こどもちゃれんじ 2,336円
Baby Kumon(対象0歳〜2歳) 2,160円

 

くもんに関しては通信教材もありますが、対象年齢が0歳、1歳、2歳の「Baby Kumon」になります。3歳以上の場合はくもんの教室に通うか、小学生同様の1教科「8,100 円」の通信教材になります。

 

 

「幼児ポピー(ポピっこ)」は1,100円と、他の学習教材と比べても、手頃な値段ではじめられます。また年少以下の教材は月額980円です。


 

今すぐ教材の詳細を見るなら【幼児ポピー】公式

 

「Z会」と比較すると1年で2万円以上の価格差になる

例えば「幼児ポピー」と「Z会」で比較します。その差額は・・・

2,848(Z会) - 1,100円(幼児ポピー) = 1,748円

 

1年(12ヶ月)に換算すると

1,748円(差額) × 12ヶ月 = 20,976円

 

1年で計算するとなんと!2万円以上の差があります。

 

教材の違い、サービスの違いはありますが、価格の面から比べると「幼児ポピー」の圧倒的なコスパの良さが分かります。

【最後に】「幼児ポピー」はシンプルだけど優れた教材

「幼児ポピー」はシンプルだけど優れた教材

 

安かろう悪かろうだと問題がありますが、「幼児ポピー」は45年以上の歴史のある学習教材です。

 

私は年中教材「あかどり」を1年間受講しましたが、子供のやる気を引き出す仕掛けが満載です。

 

シンプルだけど、子供に勉強をさせるという目的では、優れた教材だと感じました。

 

 

 

私の娘は保育園に通っていますが、保育園だけだと小学校にあがる準備が心配だったので、「幼児ポピー」をはじめました。

 

実際に体験してみて、「幼児ポピー」だけで小学校の入学準備は大丈夫だと分かりました。詳しくは以下の記事にまとめています。

 

 

 

 

「幼児ポピー」は、安くても優れた幼児教材です!


お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む