幼児ポピーのメリット・学習効果は?2年間体験した感想・評価

実際に2年間受講!幼児ポピーはオススメできる通信教材

実際に2年間受講!幼児ポピーはオススメできる通信教材

 

私は娘の家庭学習のために2018年4月から幼児ポピーの年中教材「あかどり」、2019年4月からは年長教材「あおどり」を受講しました。

 

 

実際に2年間受講して率直な感想は、月額料金も安く、皆さんにオススメできる幼児教材です!


 

私が2年間実際に体験して感じた「幼児ポピー(ポピっこ)」のの学習効果やメリット、私の感想、評価を【まとめ】ました。

お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む

私が幼児ポピーを始めた・選んだ理由

幼児ポピー「あかどり」2018年10月号の教材

 

▲上の画像は幼児ポピー「あかどり」の2018年10月号です

 

私の娘は保育園に通っていました。保育園だけだと、娘の学習が不安だったので「幼児ポピー」をはじめました。

 

その理由は、小学校にあがるための準備をしたかったからです。以下の点が、小学校へ上る前に身に付けて置きたいポイントだとされています。

 

  • 時計を見て理解できる
  • 「ひらがな」の読み書きができる
  • 勉強する集中力を少しずつ長くしたい

 

上記の点に関して、幼児ポピーを実際に体験して効果はあったと感じています。

 

そして私が幼児ポピーを選んだ最大のポイントは歴史ある家庭教材、月額980円とコスパの良いところでした。

 

2018年当時は980円でした。2020年現在は年中教材「あかどり」、年長教材「あおどり」は月額1,100円(税込)です。

 

2〜3歳児教材「ももちゃん」、年少教材「きいどり」は980円(税込)です。

 

 

2019年に年中・年長教材は値上がりしましたが、それでも他の教材と比べても安いです。


 

 

「幼児ポピー」2年間の学習効果と感想

娘に「幼児ポピー」を学ばせることで、保育園以外の自宅での学習時間を習慣づけられたり、ひらがな・カタカナ、数字を覚えることができました。

 

受講を始めた2018年と2年後の娘を比べてみると、「娘が成長した!勉強ができるようになった!」と感じたのは以下になります。

 

  • ひらがな、カタカナだけの本なら、1人で読めるようになった
  • 数字を追うだけだった時計が、時間が分かるようになった
  • 学習に集中できる時間が少しずつ長くなってきた

 

 

幼児ポピーで学習することで、子供のための学習の悩みが少なくなくなりました。


 

具体的に、どんな教材で効果があったと感じたか、一例を紹介していきます。

 

「あかどり」4月号は、文字を覚える・数字を数える程度

幼児ポピーの年中教材「あかどり」を定期受講を開始したの2018年の4月からでした。

 

幼児ポピーあかどり「ドリるん4月号」文字の教材

 

▲上の画像は「あかどり」2018年4月号の「ドリるん」

 

4月号では文字を理解させるというようりも、文字を覚えさせる教材でした。

 

幼児ポピー「あかどり」のメインとなる教材は「ドリるん」と「わぁくん」です。

 

 

幼児ポピーあかどり「ドリるん4月号」数字の教材

 

▲上の画像は「あかどり」2018年4月号の「ドリるん」

 

4月の時点の「ドリるん」は、数字を数えることが中心の教材でした。時計に関するドリルもありません。

 

「あかどり」の後半では、文字・時計を理解する

年中教材「あかどり」を1年間続けていると、後半の教材はどんどん難しくなってきます。

 

この時期になると娘も答えを出すのにも苦労するようになりました。

 

幼児ポピーあかどり「ドリるん1月号」文字の教材

 

▲上の画像は「あかどり」2019年1月号の「ドリるん」

 

1月号の「ドリるん」になると、ひらがなを読んで、文字を理解していない解けないようなドリルになります。

 

 

幼児ポピーあかどり「ドリるん1月号」時計の教材

 

▲上の画像は「あかどり」2019年1月号の「ドリるん」

 

「あかどり」の後半の教材になると「時計」に関するドリルが増えます。

 

 

最初の頃は針が指している数字しか読めませんでしたが、「ドリるん」をやっているうちに、娘はだんだんと時計の概念を理解してきて

 

「9時前には保育園に行かないと!」
「5時まで勉強しよう!」

 

といったような言葉を、日常の会話で使うようになりました。

 

 

 

「幼児ポピー」で勉強を続ける持続性も付きました!


 

年長教材「あおどり」は入学準備計画

幼児ポピー「あおどり」2019年10月号の教材

 

▲上の画像は幼児ポピー「あおどり」の2019年10月号です

 

年長教材「あおどり」は後半(10月〜3月)になると「入学準備計画」が別ページで追加されます。

 

 

小学校の入学準備は、「幼児ポピー」を受講していれば問題ないというのが私の率直な感想です。


 

私は「幼児ポピー」を継続受講することで、保育園では足りない学習を補えて、小学校への入学準備ができました。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

 

お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む

 

幼児ポピーの教材内容をもっと知りたい方は、私と娘の学習内容を記録したブログがありますので、以下よりチェックしてください。

 

幼児ポピーの口コミ・評判

ここまでは私の体験から「幼児ポピー」の感想を書かせていただきました。他の方の幼児ポピーの感想や口コミを調べると、以下の意見がありました。

 

  • 余計な付録がないので勉強に集中できる
  • 勉強が継続できるようになった

 

 

 

 

幼児ポピーは他の幼児教材と比べても、付録がシンプルです。

 

とはいえ、シンプルだからこそ子供のやる気を引き出しくれる教材だと私も思っています。詳しくは以下の記事をご覧ください!

 

 

 

また、教材が簡単だという感想もありました。

 

 

私の娘も年中教材「あかどり」をはじめた頃は、2〜3日ですぐに終わらせてしまうこともありました。


 

ただ1年間通してやってみると、集中して一気にやってしまうのは最初のときだけです。私の娘にとって、毎日10分程度学習して、継続しようと思うと、幼児ポピーはちょうど良い量でした。

 

幼児ポピーの教材量については詳しくは、以下の記事をご覧ください!

 

【まとめ】幼児ポピーのメリット

【まとめ】幼児ポピーのメリット

 

「幼児ポピー」の良さはたくさんありますが、2年間受講してみて以下のメリットを感じました。

 

 

そして、なんといっても月額980円(税込)と、コスパにすぐれた幼児教材です。(※年中教材「あかどり」、年長教材「あおどり」は月額1,100円)

 

 

幼児ポピーなら月額980円で始められます!


 

契約する前に幼児ポピーを見たい・体験したい方は、教材と同じ内容の無料サンプルがあるので、以下よりチェックしてください!

お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む