本屋の雑誌「めばえ」「幼稚園」を買うなら専門教材「幼児ポピー」がオススメ

本屋の雑誌「ベビーブック」「めばえ」「幼稚園」より、学習するなら専門教材「幼児ポピー」がオススメ

学習するなら専門教材「幼児ポピー」がおすすめ

 

世の中にはたくさんの幼児教材がありますが、私が幼児ポピー「ポピっこ」を選んだのは以下の理由です。

 

  • 雑誌を買うぐらいなら、ちゃんとした学習専用の通信教材を買いたい
  • 月額980円というお手頃な値段
  • 幼児ポピー「ポピっこ」は45年以上の歴史のある学習教材

 

本屋に置いてある幼児向けの雑誌に「ベビーブック」「めばえ」「幼稚園」などあります。このような雑誌は付録が豪華なので、子供が特に欲しがります。

 

付録が楽しく、勉強もできるページもあるのですが、子供の学習という点では疑問がありました。

 

その点、45年以上の歴史のある学習教材「ポピー」なら安心です。

 

 

私が「ポピー」選んだのは、どうせ雑誌を買うぐらいなら、学習専用の教材を買った方が子供のためになる。と思ったからです。


 

また「幼児ポピー」も雑誌に劣らず、子供が楽しめる付録が満載です。

お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む

「幼児ポピー」は雑誌の値段と変わらない

「めばえ」1冊の値段は2019年1月号は「800円(税込)」です。「幼児ポピー」は月額「980円(税込)」と値段もあまり変わりません。差額は・・・

 

980円(幼児ポピー) - 800円(めばえ) = 180円

 

2019年4月からは年中教材「あかどり」年長教材「あおどり」はリニューアルにより、月額「1,100円」(税込み)です。

 

 

私は、180円程度の差額であれば、学習向けに作られた「幼児ポピー」を選んだ方が良いと思いました。

 

また他の幼児教材と比べても圧倒的に月額料金が安く、コストパフォーマンスが良いです。

 

 

雑誌に劣らない「幼児ポピー」の付録

本屋の雑誌の付録は豪華です。子供が本屋に行くといつも欲しがるくらい、魅力的な付録がたくさんあります。

 

もちろん「幼児ポピー」にも付録があります。

 

シンプルだけど子供の興味心をくすぐり、勉強を続けらられる仕掛けが満載です。その点、学習用に作られた「幼児ポピー」なら安心です。

 

 

そして2019年4月からのポピーリニューアルに伴いスマホやパソコンでできるデジタル教材もスタートしてます。

 

雑誌と違い、きめ細やな幼児教育が可能

幼児ポピー「ポピっこ」は年齢別なので、きめ細やな幼児教育が可能

 

幼児ポピー「ポピっこ」は1歳ごとの教材が別れて、きめ細やか教育が可能です。

 

例えば先程あげた本屋で売っている雑誌の対象年齢を調べると

雑誌 対象年齢
ベビーブック 1・2・3歳
めばえ 2・3・4歳
幼稚園 3・4・5・6歳

 

「めばえ」を例にあげると対象年齢が「2・3・4歳」です。下2歳と上の4歳では、私の経験から、かなりの学習の開きがあります。

 

私の経験ですが、2歳はまだ文字は読めませんが、3歳になると文字が読めるようになり、4歳では「ひらがな」が書けて、自分の名前ぐらいは書けるようになります。

 

 

これだけ年齢差によって、学習に開きがあるので「2・3・4歳」で同じ雑誌というのは、学習教材としては適してないと感じます。


 

その点、「ポピっこ」は1歳ごとに教材が別れていて、年齢を一つ重ねる事に、教材が変わるので、1歳ずつの学習に適しています。

 

年長教材「あおどり」になると、小学校の入学準備号の教材も始まります。

【まとめ】

子供の学習を目的に本屋に売っている雑誌を買うのであれば、月額料金も安い「幼児ポピー」をおすすめします。

 

雑誌の値段も「幼児ポピー」の値段もそれ程変わりません。

 

 

 

「幼児ポピー」は45年以上歴史のある幼児教材なので、安心して子供の勉強を任せられます。


 

そして「幼児ポピー」は子供だけでなく、親へのフォローもしっかりしてくれますよ!詳しくは以下の記事をご覧ください!

 

お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む