「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」の違いを比較、どっちを選ぶ?

「幼児ポピー」とベネッセ「こどもちゃれんじ」、どっちを選べば良い?

「幼児ポピー」とベネッセ「こどもちゃれんじ」どっちが良い?【料金、内容などを比較】

 

未就学児の通信教材に、45年以上の歴史がある「幼児ポピー」、そして進研ゼミでお馴染み、しまじろうが人気の「こどもちゃれんじ」

 

 

どっちの教材が良い?どっちのを選べば良い?

 

 

と、疑問に思われるママ・パパさんもいらっしゃるでしょう。簡単に比較すると以下の特徴があります。

 

教材の特徴

  • 「幼児ポピー」は月額980円とコスパが良い
  • 「こどもちゃれんじ」は、しまじろうが教材に出てくる
  • 「こどもちゃれんじ」0歳から「幼児ポピー」は2歳から

 

迷っている方が少しでも選びやすくなるように、「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」の料金、教材、特徴などを比較しました。

 

また幼児教材なら1日15分程度で、1ヶ月分の教材が終わるようになっています。余裕があれば「幼児ポピー」「こどもちゃれんじ」併用、両方受講することも可能です。

資料請求はこちらから↓

\ 教材が分かる資料は無料です /

【幼児ポピー】公式

こどもちゃれんじ

ベネッセコーポレーションの通信教材「こどもちゃれんじ」

ベネッセコーポレーションの「こどもちゃれんじ」は、1988年4月にスタートした歴史のある幼児向け通信教材です。

 

ベネッセ こどもちゃれんじ 資料請求プロモーション

 

 

子供に人気のキャラクター「しまじろう」が教材に登場するのが、最大の特徴です。

 

 

 

「しまじろう」が大好きな子供さんにとっては、「こどもちゃれんじ」なら「しまじろう」と一緒に学習することができます。


 

また、「こどもちゃれんじ」は0歳児から、月齢別に教材が用意されています。

 

 

「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」は何歳から受講できる?

「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」、未就学児向けの年齢別教材は以下の通りです。

 

受講年齢 ポピー ちゃれんじ
0歳〜1歳 - baby
1歳〜2歳 - ぷち
2歳〜3歳 ももちゃん ぽけっと
3歳〜4歳(年少) きいどり ほっぷ
4歳〜5歳(年中) あかどり すてっぷ
5歳〜6歳(年長) あおどり じゃんぷ

 

毎月届けてくれる月刊の教材としては「幼児ポピー」は2歳から、「こどもちゃれんじ」は0歳児から始められます。

 

幼児ポピーには2歳未満の教材として「ポピっこ あい」があります。「ポピっこ あい」は月刊教材ではなく4冊の本が用意されていて、それぞれを購入する形です。

 

関連記事:「ポピっこ あい」(0歳〜2歳児向け)の教材

 

「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」の月額料金比較

「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」の月額料金を比較します。年齢別の月額料金は以下の通りです。

 

※すべて税込み価格、毎月払いで比較(2020/03/08時点の情報)

 

受講年齢 ポピー ちゃれんじ
0歳〜1歳 - 2,074円
1歳〜2歳 - 2,379円
2歳〜3歳 980円 2,379円
3歳〜4歳(年少) 980円 2,379円
4歳〜5歳(年中) 1,100円 2,379円
5歳〜6歳(年長) 1,100円 2,379円

 

月額料金で比べると「幼児ポピー」が安いです。

 

「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」教材内容の違い

「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」教材の中身は?付録が豪華なのは?特徴比較

 

「幼児ポピー」は45年、「こどもちゃれんじ」は30年以上の歴史のある幼児教材です。どちらも歴史と信頼と実績のある学習教材です。

 

文字や数字を覚えるドリルは、どちらもしっかり学べる教材です。

 

「幼児ポピー」は紙教材が中心

2019年6月号「あおどり」の教材一覧

 

↑上記の画像は年長教材「あおどり」の2019年6月号の内容です。

 

私は実際に「幼児ポピー」を受講していますが、教材の内容は非常にシンプルで、子供が学習しやすい教材です。

 

「こどもちゃれんじ」のような豪華な付録はありませんが、紙など作成して子供が楽しめる付録が多いです。

 

 

 

 

私の場合は、月額980円で学習できるコスパの良い「幼児ポピー」を選びました。


 

「こどもちゃれんじ」はしまじろう、付録が豪華、添削課題あり

教材に子供に大人気のキャラクターで「しまじろう」が登場するの一番の特徴です。

 

そして「こどもちゃれんじ」はDVDが付属したり、時計の教材(エデュトイ)、絵本など付録が豪華です。

 

付録の詳細はこちらこどもちゃれんじ

 

また「こどもちゃれんじ」の「すてっぷ(年中教材)」「じゃんぷ(年長教材)」の思考力特化コースには添削課題があります。

 

添削課題を提出して、解答を得られることで、いつもとは違う学習への取り組みができます。

 

 

幼児ポピーには「添削課題」はありません。勉強は親と子供とのやり取りになります。


 

資料請求はこちらから↓

\ 教材が分かる資料は無料です /

【幼児ポピー】公式

こどもちゃれんじ

幼児コース「こどもちゃれんじ」の口コミ・評判

「こどもちゃれんじ」の口コミ・評判を調べました。ツイッターでは概ね以下の意見がありました。

 

  • こどもちゃれんじの付録は、子供が楽しめる
  • 教材で届いたワークにやる気マンマン

 

 

 

 

 

「こどもちゃれんじ」の付録は充実していて、おもちゃの代わりに、勉強しながら楽しめるものばかりです。


 

幼児ポピーの口コミや私が体験した学習効果は、以下の記事をご覧ください。

 

 

 

「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」外部評価が高いのは?

通信教育の顧客満足度調査を実施している株式会社イードが、毎年発表してるイード・アワードというものがあります。

 

イード・アワードは、通信講座を受講している保護者を対象にアンケートを実施、調査した指標です。

 

「イード・通信教育アワード2019幼児部門」において「こどもちゃれんじ」は最優秀賞など、以下の部門を受賞しています。

 

  • 最優秀賞
  • 子どもが好きな通信教育

 

 

そして「幼児ポピー」に関しては

 

  • 学費の満足度が高い通信教育

 

を受賞していて、どちらの教材も外部評価が高い幼児教材です。

 

「こどもちゃれんじ」お試し見本・資料請求は無料

「こどもちゃれんじ」のお試し見本・資料請求は無料です。

 

「こどもちゃれんじ年長教材」の資料とお試し見本

 

↑上記の画像は、「こどもちゃれんじ」の年長教材のお試し見本です。

 

私が「こどもちゃれんじ」に資料請求したのは2019年8月頃です。お試し見本として「キッズワークたいけん版」と「思考力特化コースたいけん版」がありました。

 

お試し見本以外にも「こどもちゃれんじ」の教材内容を解説する資料などが入っていました。

 

「こどもちゃれんじ」の資料請求はこちらこどもちゃれんじ

 

 

幼児ポピーのお試し見本・資料も無料です。幼児ポピーに関しては以下の記事をご覧ください。

 

 

【まとめ】

「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」、どちらを選んでも間違いはない

 

私の場合は月額料金で「幼児ポピー」を選びました。

 

どちらも歴史、実績ある幼児教材なので、教材内容に間違いはありません。

 

自分の子供に合うと思った教材を選びましょう。もし迷われている方には、大まかですが以下の点で選んでみてはいかがでしょうか。

 

※補足※両方受講、併用も可能

「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」、両方受講することは可能なの?

 

と、疑問に思うママ・パパさんもいらっしゃるでしょう。

 

私の知り合いには、「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」どちらも受講されている方もいます。

 

幼児教材は1日15分程度で1ヶ月の教材が終わるようになっています。幼児教材であれば、併用もできます。

 

私は「幼児ポピー」のみ受講していますが、子供の集中力が続く時は1週間もかからずに教材を終わらせてしまうこともあります。

 

 

すぐに教材を終わらせるお子さんは、併用するのも問題ないと思います。


 

資料請求、お試し見本は、どちらも無料で可能です。気になる方は以下からチェックしてください!