幼児ポピーはすぐ終わる?物足りない、内容が薄い、少ない?

幼児ポピーは「ドリるん」「わぁくん」「特別教材」など、1ヶ月分としては十分の内容

幼児ポピー「ポピっこ」で学習する親子

 

私は娘が保育園の年中組、4歳の時に「幼児ポピー」をはじめました。現在は年長になったので「幼児ポピー」は2年目、年長教材「あおどり」を受講しています。

 

幼児ポピーは子供の集中力が続けば、2日、3日で「ドリるん」は終わってしまうぐらいの内容です。

 

幼児ポピーのメイン教材には学習メインの「ドリるん」、工作や絵本がメインの「わぁくん」があります。

 

 

ただ、私の経験から子供の集中力は1ヶ月ずっと続くことはありません。


 

幼児ポピーの「ドリるん」が終わったとしても「わぁくん」や「特別教材」といった工作、絵本で思考力を鍛える教材もあります。

 

それを考えると内容は決して、少ない量ではありませんし、未就学児の子供にとってっは、やりごたえのある教材です。

 

 

私の娘にとって幼児ポピーは1ヶ月の教材として十分の内容と量でした。


 

もちろん、自分の子供に簡単すぎたりしたら1学年上の教材を頼んだり、別教材を頼んだりする方法もありますので、合わせて紹介ていきます。

無料お試し見本、教材の申込みはこちら!

【幼児ポピー】を申込む

子供の学習は毎日続かないし、時間を取れない

私が幼児ポピー「あかどり」を受講し始めたのは2018年4月です。

 

確かに幼児ポピーをはじめた4月は、娘の興味津々で、2日程度で幼児ポピーの「ドリるん」を終えることができました。

 

 

 

ただ幼児ポピーを長く続けていく間に、娘の学習時間が続かなかったり、保育園のイベントがあって時間が取れない時期もでてきます。

 

 

私の娘が集中して2日程度でやり終えたのは4月の最初の時期だけです。


 

子供はだんだんとあきます。また私の娘は以下のようなことで、1ヶ月分の教材をやり切れないこともありました。

 

  • やる気のでない日
  • 保育園のイベントが重なる日
  • 他の習い事の発表会があって、時間がとれない

 

残った教材は、翌月に回したり、早く教材が終わった月に回したりと工夫しました。

 

1年間実際に幼児ポピーの「あかどり」を受講してみて、一気にやり終えてしまうのではなく、なるべく毎日少しずつ学習をするのが、長く続ける秘訣だと思います。

 

 

現在では、私の娘は1日10〜15分程度やって、1ヶ月分の「ドリるん」「わぁくん」をやり終えています。


「ドリるん」が終わったら「わぁくん」そして「特別教材」など盛りだくさん

もし早く「ドリるん」が終わったとしても、「わぁくん」を使って工作・絵本の教材があります。

 

「わぁくん」の工作教材

例えば「わぁくん」の工作では2019年1月号の「あかどり」では、獅子舞を作る工作がありました。

 

幼児ポピー「あかどり」わぁくんの教材

 

紙パックを利用して作る工作「ぱくぱくししまい」でした。

 

完成した「わぁくん」の教材「ぱくぱくししまい」

 

娘と一緒に作れば一日がかりですし、これだけで十分に楽しい教材です。

 

「わぁくん」の絵本教材

幼児ポピー「わぁくん」の絵本

 

「わぁくん」には必ず一つ絵本教材があります。上の画像は2019年1月号「わぁくん」の「えびのこしはなぜまがったか」です。

 

 

絵もストーリーも楽しい絵本で、娘も前のめりで聞いていました。


 

私は「ドリるん」の学習以外に、絵本を娘に読み聞かせて、過ごすだけの日もあります。

 

子供が喜ぶ「特別教材」

他にも毎月ではありませんが、「あかどり」には特別教材があります。特別教材は娘も大好きで、子供の学習意欲を高めてくれます。

 

特別教材「とんとんむしずもう」に興味津々の娘

 

「あかどり」の2019年7月号には特別教材として「とんとんむしずもう」が付いていました。

 

特別教材「とんとんむしずもう」を工作する娘

 

こういった「特別教材」を利用するだけで、1ヶ月分の「幼児ポピー」は十分に満足できる教材でした。

 

今すぐ教材の詳細を見るなら【幼児ポピー】公式

あまりにも簡単、すぐ終わるようなら先取り可能、別教材も検討

とはいえ、あまりにも早く終わってしまうようであれば、幼児ポピーの先取りも可能です。

 

私の娘は9月生まれなので感じませんでひたが、例えば4月生まれといった方には、自分の学年の教材は少し簡単に思うかもしれません。

 

幼児ポピーは年齢別に教材が別れています。もし自分の学年の教材が簡単だと思ったら、1学年上の教材を先取りしましょう。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください!

 

 

 

他にも有料になりますが、別教材として「なつドリるん」「おうちでドリル」といった教材もあります。

 

 

値段も手頃なので、こういった教材を利用するものオススメです!


 

無料お試し見本、教材の申込みはこちら!

【幼児ポピー】を申込む