幼児ポピー「あおどり7月号」体験レビュー【4ヶ月目感想】

2019年7月号ポピっこ「あおどり」体験レビュー・感想【4ヶ月目】

2019年7月号ポピっこ「あおどり」を学ぶ子供

 

「幼児ポピー」の年長教材「あおどり」も受講し始めて、4ヶ月目になりました。

 

私の娘は、時計を読んでの時間感覚が、だいぶ身に付いてきました。ただ最近の悩みは「右」「左」がすぐにどっちかわからず、「右から車来ているから気をつけて!」といっても一瞬戸惑ってしまうので、困っています。

 

2019年の7月は雨が多かったです。梅雨明けも遅かったので、雨の日は家で一緒に「幼児ポピー」に取り組みました。

 

「あおどり7月号」は夏本番間近!ということで、海や祭りに関する教材もありました。

 

 

娘の【4ヶ月目】の「ポピっこ」あおどり7月号はどうだったのでしょうか?体験レビューと感想です。


お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む

2019年7月号「あおどり」の教材の中身

2019年7月号の年長教材「あおどり」の教材の中身は以下の通りでした。

 

2019年7月号「あおどり」の教材一覧

 

  • もじ かず ことば「ドリるん」
  • 思考力めばえ「わぁくん」
  • 特別教材「ふしぎふしぎマジックブック」
  • ほほえみお母さん&お父さん

 

幼児ポピー「あおどり」のメインとなる教材は、もじ・かず・ことばを覚える「ドリるん」と、思考力を鍛える「わぁくん」です。

 

今月の特別教材「ふしぎふしぎマジックブック」に、私の娘はテンション上がりまくりで、一週間ぐらい、ずっとマジックにハマっていました。

2019年7月号「あおどり」を学ぶ娘の様子は?マジックに大ハマリ

「あおどり」7月号特別教材「ふしぎふしぎマジックブック

 

特別教材の「ふしぎふしぎマジックブック」を見てテンションがあがる娘。『まずは「ドリるん」をやってから!』と、いつも通りドリルを進めます。

 

 

「あおどり」7月号「カタカナ」の迷路

 

「カタカナ」の名前だけを通る迷路に挑戦する娘。「ひらがな」は完全に読めるようになったのですが、まだまだ「カタカナ」には苦戦中です。

 

 

ところどころ「カタカナ」を教えながら進めました。


 

 

 

続いて、忍者がどんな動作をしているかシールを貼っていくドリル。

 

「あおどり」7月号「カタカナ」の迷路

 

こちらは何も問題なく、娘はシールを貼っていくことができました。

 

 

ある程度「ドリるん」をやり終えたら・・・待望の「ふしぎふしぎマジックブック」を娘と一緒にやります。

 

「あおどり」7月号特別教材「ふしぎふしぎマジックブック」

 

「ふしぎふしぎマジックブック」は子供がマジシャンになりきって手品を披露できる付録です。

 

マジックとして用意されていたのは

 

  • とおりぬけカード
  • ワープするカード
  • ペーパーちえのわ
  • ふしぎながくぶち
  • ちいさくなる500えんだま?

 

の5つのマジックでした。

 

まずは「ワープするカード」に挑戦!

 

「あおどり」7月号特別教材「ワープするカード」

 

 

のり付けなどが難しくて、私が手伝いました。実際にやってみると、見事にカードがワープ。

 

 

自分でやっていて、娘も私も不思議がっていました。


 

「あおどり」7月号特別教材「ワープするカード」をパパに披露

 

パパが帰って来てから、さっそくマジックを披露する娘。パパも不思議そうにしていて、娘も満足げでした。

 

 

今回の特別教材「ふしぎふしぎマジックブック」は、他にもマジックがあり、これだけで1週間ぐらいは、ずっと娘はマジックに夢中になっていました。

7月号「あおどり」の感想▼がんばりをほめよう

年長教材「あおどり」の7月号【4ヶ月目】でした。今月も娘の学習意欲は続いて、すべてやり終えることが出来ました。

 

そして、7月号の特別教材「ふしぎふしぎマジックブック」は、娘のポピーへのやる気を引き出してくる、とても良い付録でした。

 

幼児ポピーの付録は紙でできたシンプルなものが多いですが、魅力的で充実した付録です。(ただ一緒に作るのが大変なものもありますが・・・)

 

 

 

そして、あおどり7月号「ドリるん」の最初のページ書いてありましたが・・・

 

「あおどり」8月号「ドリるん」の使い方

 

「がんばりをほめよう」

 

「うまくできずにいるときや、困っている時こそ、ほめてあげる」

 

と書かれていました。

 

「ドリるん」などを1つやり終えたら、娘に声をかけるようにしていますが、難しいドリルを頑張っているときこそ、いっぱい褒めてあげるのが良いそうです。

 

 

私も今月は気にして褒めるようにしました。


 

 

来月号も順調に学習ができるように、娘と一緒に頑張ります!

お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む