幼児ポピー「あおどり6月号」体験レビュー【3ヶ月目感想】

2019年6月号ポピっこ「あおどり」体験レビュー・感想【3ヶ月目】

2019年6月号ポピっこ「あおどり」を学ぶ子供

 

「幼児ポピー」の年長教材「あおどり」も3ヶ月目に突入!

 

6月後半からは、休日の土・日も雨が多かったので、家で「幼児ポピー」をして、娘と一緒に時間を過ごしたりしました。

 

 

今月は「親力」チェックや「ポピー教育相談サービス」のチラシも入っていました。

 

 

教材は梅雨にちなんだものが多かったです。娘の【3ヶ月目】の「ポピっこ」あおどり6月号はどうだったのでしょうか?体験レビューと感想です。


お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む

2019年6月号「あおどり」の教材の中身

2019年6月号の年長教材「あおどり」の教材の中身は以下の通りでした。

 

2019年6月号「あおどり」の教材一覧

 

  • もじ かず ことば「ドリるん」
  • 思考力めばえ「わぁくん」
  • 特別教材「しりとりカード」
  • ほほえみお母さん&お父さん
  • 「親力」チェックのチラシ
  • 「ポピー教育相談サービス」のチラシ

 

幼児ポピー「あおどり」のメインとなる教材は、もじ・かず・ことばを覚える「ドリるん」と、思考力を鍛える「わぁくん」です。

 

そして付録の特別教材は、2019年4月からのリニューアルにより毎月付くようになりました。

 

2019年6月号「あおどり」を学ぶ娘の様子は?歯の抜け替わりの時期と教材がピッタリ

今月の特別教材は「しりとりカード」で町作りをしましょう!

 

文字や絵が書かれたカードを「しりとり」の用につなげていくゲームです。

 

「あおどり」6月号特別教材「しりとりカード」

 

 

娘もすぐに食いつきましたが、もちろん

 

まずは「ドリるん」をやってから!

 

と言い聞かせて、教材を進めさせました。

 

「あおどり」6月号「ひらがな」を探す

 

まずは娘の興味のある教材から!絵の中から「ひらがな」数字を探し出します。その後は「色塗り」を、楽しめました。

 

 

そして今月、ちょうど歯が抜けかけていた娘にドンピシャの教材が!

 

「あおどり」6月号「わぁくん」歯の教材

 

「わぁくん」に歯の教材がありました。大人の歯に抜けかわるヒミツや歯の大切さが書かれていて、食い入るように読んでいました。

 

 

娘の前歯がグラグラしていた時期だったので、興味を持って学んでくれました。


 

 

そして最後は、特別教材「しりとりカード」です。カードを切り離し、一緒に準備します。

 

「あおどり」6月号特別教材「しりとりカード」文字のカード

 

「しりとり」の要領で、カードに書かれた文字をつなげていきます。

 

「あおどり」6月号特別教材「しりとりカード」絵のカード

 

文字のカードを反対にすると絵のカードになります。

 

 

絵のカードを「しりとり」でつなげるのは、大人の私でも結構大変でした。


ポピー診断「親力」チェックを実施中

ポピー診断「親力」チェックを実施中

 

会員専用の「ポピーMyページ」からアクセスして、いくつかの質問に答えると、自分の現在の親力がわかる「親力」チェックがありました。

 

2019年度は、2019年7月14日(日)が締切の期間限定のサービスです。

 

「親力」チェックは親野智可等先生が監修した、診断に応じたアドバイスが受けられるポピー診断です。

 

 

「ポピーMyページ」に登録方法はこちら「ポピーMyページ」【登録方法・サービス内容解説】

 

 

結構、ドキッとするアドバイスもありますよ!


ポピー教育相談サービスのチラシ

ポピー教育相談サービスのチラシ

 

「ポピー教育相談サービス」のチラシも一緒に入っていました。

 

教育相談は通年で受けられるサービスです。

 

ポピーに限らず、子育てや教育に関する悩みを専門家に相談できます。

 

こちらもWebの会員専用の「ポピーMyページ」から相談するか、入会時にもらえる「ポピーまるごとガイド」に用紙が付いているのでFAX・郵送でもサービスを受けられます。

 

 

幼児ポピーは、「親力」チェックや「教育相談サービス」といった親へのフォローも充実しています。

 

6月号「あおどり」の感想▼やりたい!を大切に

年長教材「あおどり」の6月号【3ヶ月目】でした。

 

今月は雨の日が多く、家で幼児ポピー「あおどり」をやることが多かったので、順調に終えることができました。

 

今月もサボった日もありましたが、1日10分程度ずつ進めて、やり終えることができました。

 

 

そして最後に「幼児ポピー」を続けるにあたって、「ドリるん」の最初のページ書いてありましたが・・・

 

「あおどり」6月号「ドリるん」の使い方

 

「やりたい!を大切に」

 

と書かれていました。

 

一気に「やりたい」時期は、やらせてしまっても良いとのことです。

 

私も毎日コツコツやらせた方が良いと思っていたのですが、やる気が持続する時は、時間の許す限りやらせたいと思います。

お試し見本、教材の申込みは↓

\ 内容が分かる見本は無料です /

【幼児ポピー】を申込む