ポピーの支払い方法、徹底解説!一括払い(半年・年払い)クレジットカードも可

ポピーの月謝、会費支の払い方法は「一括払い」「クレジット払い」も可能【注意点あり】

幼児ポピー「ポピっこ」の月謝の支払い方法

 

私は娘の家庭学習のために、幼児ポピーの年中教材「あかどり」を2018年4月から始めました。

 

私が選んだ会費(月謝)の支払い方法は、クレジットカードの年払い(一年一括払い)です。

 

年払いだと月額料金が5%オフになります。さらにクレジットカード払いなら、クレジットカードのポイントも付いてお得です。

 

 

ただし、ポピーの公式サイト「全家研(新学社)」に電話で聞いたところ、住んでいる地域によっては支払い方法が異なる場合があるそうです。

 

 

 

今回はポピーの会費の支払い方法について解説します。


 

また、支払い方法(クレジット払い、年払いが可能か?)などの詳細については、お試し見本(無料サンプル)を申し込むと案内が入っています。

 

もちろん、定期購読を申し込んでも同様に案内が来ます。

 

支払い方法が気になる方は、まずはお試し見本を一度頼んでみてください!

 

小学、中学ポピーも同様です。お試し見本を請求はこちら【月刊ポピー】公式

無料お試し見本、教材の申込みはこちら!

【幼児ポピー】を申込む

ポピーの支払い方法【まとめ】

幼児ポピー「ポピっこ」の会費の支払い方法はは基本的には以下の方法があります。

 

  • クレジットカード
  • 振込(郵便局、コンビニエンス、LINE Pay請求書支払い)

 

 

そして一括払いだを選択すれば、以下のように割引があります。

 

  • 月々払い
  • 半年一括払い(2.5%オフ)
  • 一年一括払い(5%オフ)

 

一括払いを選べば、ポピーの会費を抑えることができます。

 

 

ただし、前述しましたが、住んでいる地域によってはクレジットカードや一括払いができない場合もあります。

 

 

私は東京都の葛飾区に住んでいますが、クレジットを含む、上記の支払い方法が可能でした。


地域によって「ポピー」の支払い方法が違う理由

教材は「全家研本部(新学社)」が作成していますが、教材のお届けやサポート、会費の徴収などは、その下にある「全家研支部(教育モニター)」が行っています。

 

幼児ポピー「ポピっこ」全家研の組織図

 

現在は400以上の支部があり、支部によって支払い方法が異なります。

 

そのため年払い(一年一括払い)やクレジットカード払いができない可能性もあります。

 

※地域によっては、教材は手渡し、会費は現金で収める場合もあります。

 

【支部】によって会費の支払い方法が異なる

自分の住んでいる地域によって、ポピーの支部が決まります。そして支部によって会費の支払い方法が異なります。

 

ただし現在は、基本的には「振込」「クレジットカード」「一括払い」はだいたい対応しています。また担当支部によっては、口座振替(銀行引き落とし)も可能になる場合があります。

 

ポピー支払い方法の案内

 

支部はどこになるのか?支払い方法ははどうなるのか?

 

詳細についてはポピーに電話するか、無料のお試し見本を申し込むと、上記の画像のように支払い方法の案内が入っています。

 

 

私が住んでいる東京都葛飾区の場合、担当支部は【ポピーパーソナルサービス】で、「振込」「クレジットカード」「一括払い」が可能でした。

 

今すぐ無料のお試し見本を申込むなら【月刊ポピー】公式

支払い方法を途中で変更したい場合

もしポピーの支払い方法を「クレジット」から「振込」、「一年一括払い」から「月々払い」などに変更したい場合は、担当支部に連絡してください。

 

担当支部は、最初に届いた「幼児ポピーまるごとガイド」の裏や、毎月教材が届く封筒に書いてあります。

 

 

それも分からなければ公式サイトの「ポピーお客さま窓口」に連絡しましょう


無料お試し見本、教材の申込みはこちら!

【幼児ポピー】を申込む